基本的な金額とは | 不用品回収業者に依頼して、いらないものは全部処理しよう

不用品回収業者に依頼して、いらないものは全部処理しよう

基本的な金額とは

「基本的な金額とは」のイメージです。

今回は初めて不用品回収業者に依頼しようと考えている人に向けて、不用品回収に関する相場の話をしておきたいと思います。
当たり前のことですが、民間の不用品回収業者に依頼する場合はお金がかかってしまいます。
自治体に頼めば安く済ませることができますが、自治体は基本的にベッドや冷蔵庫などの大型家電や大型家具は引き取ってくれません。
つまり結局どんな人も民間の不用品回収業者に頼んでいくことになります。

民間の不用品回収業者はトップで紹介したように休日でも使えるとても頼もしい存在ですが、ひとつ注意しなければいけないことがあります。
それがずばり「悪徳業者もいる」ということです。
悪徳業者を選んでしまえば料金をぼったくられてしまう結果になるので、そうならないようにしっかりと不用品回収に関する相場を知っておいてください。

まず一般的にいえば基本料金として大体5000円くらいは絶対にかかってくるでしょう。
基本料金というのは主に「出張費」と「車代」になります。
自治体であれば発生しない費用ですが、民間の不用品回収業者の場合は取られてしまいます。
ちなみに一部の不用品回収業者なら3000円くらいで済むこともありますが、遠くから来てもらう場合は出張費が発生してさらに基本料金だけで高くなる場合があります。
だからできるだけ近いところにいる業者に依頼するのがベストです。
基本料金だけで10000円以上かかってしまうようなところはやめておくべきでしょう。

あとはオプションによっても追加料金が発生します。
たとえば扉からそのまま出せない場合は分解しなければいけないので、分解費用を取られてしまいます。
またドアを外すというオプションもあり、こちらも別途お金が発生します。